ミラクル・メンター越山雅代(masayo koshiyama)と220ボルトシスターズのホームページ

越山雅代 公式サイト トップページへ

お金持ちの車に垣間みる、回りを気にしない自由で楽しい人生

アメリカに来た事のある人は、日本では到底考えられないような、
凄いお払い箱入りの車が結構走っているのを見て、驚いた事でしょう。
実は、「もらいっ子」ならぬ、
我家の「もらいおじいちゃん」のマックスも骨董品を持っていたのです!
しかし、先日とうとう、突然動かなくなり、治す部品も見つからないので、
18年間愛用した車をチャリティーに寄付しました。

マックスは私達と同じ、 シカゴの中心で湖畔のとても便利な建物に住んでいます。
このビルには、日常の食料品や必需品のお店もあり、買い物ができるので、
車が無くても不便がないのです。
彼が車を使う時は、他の所で買い物をしたくなった時とゴルフだけ。

ですから、彼の車は18年間で、
たった5万マイル(8万キロ)しか走っていませんでした。
しかし、4年前ぐらいに運転中にマックスの感覚が狂い、
2度程車をぶつけてしまったのです。
でも、あまりに古くて部品がないので直す事ができませんでした。

でも、新車を買う必要もないので、壊れたミラーをガムテープでぐるぐる巻きにし、
このでっかい車を堂々と使っていたのです。

マックスの車

(ボディーをぶっつけ、部品がないので板金したけど、
「もうイイヤ」という感じて、 塗装をしてない真っ黒のドアと側面。
ガレージの中で写真を摂ったので、ガムテープが痛々しく巻かれたミラーなど、細かい所がよく見えないのが残念)

一方、マックスのお姉さんのボーイフレンドの93歳のハロルドは、
高級車を運転しています。
というのは、彼は会社の会長で仕事を止めたくないので、
なんと月曜から土曜日まで、毎日80キロ位を車で通勤!
そして、週に2−3回仕事の後と週末には、
ガールフレンドのアニーを映画、観劇、食事などに誘い、デートを楽しむからです。

怪物シニア勢揃い

(怪物シニア勢揃い:左が81歳のマックス、
真ん中がマックスのお姉さんの83歳のアニー。
いつもこんなに奇麗で素敵で、マネキュアまでしています。
その右がアニーのボーイフレンドの93歳のヘラルド。
アニーもヘラルドも髪はふさふさで自分の毛。
この3人は皆健康で、記憶力も抜群で、頭の回転も早く、
いつもジョークを飛ばしている。

たったの7ドル(約700円位)で、食べ放題のポーランド食の
美味しいレストランで、皆でたらふく食べた後の写真)

アメリカでは、どんなお金持ちでも、どんな年齢でも、自分の必要性と
価値観に合わせ、回りの目を気にしないで、色々な車を運転し、
自由に人生を楽しんでいるシニアーが多いのは、とても刺激的です。
「怪物ばあさん、怪物じいさん、バンザイ!」

次へ第26回 「子供は神からの授かり物♪」もらいっこ天国アメリカ

”JOLLY−楽しい−Times”(バックナンバー)一覧へ戻る

【越山雅代 公式サイト】

Copyright (C) 2006 越山雅代 公式サイト All Rights Reserved.