ミラクル・メンター越山雅代(masayo koshiyama)と220ボルトシスターズのホームページ

越山雅代 公式サイト トップページへ

第1回 Geese Family がちょうの家族

皆さん、こんにちは!
いつも行くゴルフ場で、孵化して1週間ぐらいのがちょうの子供達を見つけました。シカゴの春はがちょうの誕生の季節で、色々な所で孵化したばかりの子供達を見る事ができます。

がちょうは離婚なしで、一生夫婦は連れ添います。この写真は両親と六羽の子供です。アメリカでは、結構様々な鳥や動物を身近に見る事ができます。シカゴの郊外では、がちょうの親子が車道を横切ったりするので、車が止まります。

がちょうの家族

その時、もう少し子供が大きくなって、きちんとしつけができていると?
皆一列に並んで歩くので、その光景はとても微笑ましいです。
車は止まらなくてはなりませんが、
皆ニコニコと家族全員が歩道を渡るのを眺めています。

この写真の子供達は、まだ小さくて、時々えさをみつけたらそこで止まってしまい、
一羽だけ遅れてしまったりして、一列に並ぶ歩き方を学んでいないようですが。。。

驚きでしょうが、シカゴにはがちょうが沢山いるのですよ。朝は沢山の数が集まり、
えさを食べている風景をよく目にします。
それを見つける度に、私は”あっ!あそこで、また、
がちょうが朝の食事大会をやっている!”と喜ぶと、
妻に、”あなたは、ホントにがちょうの大会大好きね”といつも笑われます。

がちょうの家族

まだ春の陽気が続くシカゴから・・・・お届けしました。

次へ第2回 ベーコンがベーコンにならなくて済んだ話

”JOLLY−楽しい−Times”(バックナンバー)一覧へ戻る

【越山雅代 公式サイト】

Copyright (C) 2006 越山雅代 公式サイト All Rights Reserved.